初診受付のご案内

午前 8:30〜11:00

(新患は午前11:30まで)
外来のご案内はこちら
インフォメーション
東京都
板橋区高島平3丁目12-6

03-3975-8151(代表)

外来担当医表
健診センター病児保育室 臨床研修 職員募集
診療科のご案内
HOME > 診療科のご案内(整形外科)

整形外科

診療内容

四肢,脊椎における骨・関節,脊髄・神経・筋疾患を対象とした,整形外科領域全般について診療しています。
四肢・関節の腫れや痛み、頚部痛・腰痛、肩こり、手足のしびれ、できものなどの症状を対象としております。
疾患としては、関節リウマチ、変形性関節症(膝・股・足・肘・肩・手・指・)、スポーツ疾患、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症などの脊椎疾患、五十肩、骨軟部腫瘍、骨折、脱臼、捻挫などの四肢外傷性疾患、などです。

特徴・特色

整形外科対象疾患における地域医療に貢献する最良の治療を目指しています。
総合病院としての特徴を生かした手術療法を年間200例以上行っています。 外来診療では手術適応の患者さんの診察、治療はもとより、外来保存療法(投薬、リハビリ)なども積極的に行っています。また地域の高齢者の方には骨粗鬆症を伴う脊柱圧迫骨折治療、リハビリ治療を進めています。また保存的入院治療の受け入れも随時可能です。

外来治療について

すべての整形外科対象疾患に対して外来治療を行います。随時新患患者さんの受け入れ可能ですが以前に整形外科治療のある患者さんは紹介状を持参して頂くと診察がより効率よく行えます。外来診療は毎日整形外科専門医が診療いたします。

  • 変形性関節症(特に膝、股関節)
    高齢者に多い関節痛を伴う下肢変形性関節症患者さんにはまず外来治療にて症状軽快を行います。理学療法士によるリハビリ治療を積極的に行います。それでも軽快しない場合には全国的に普及している手術である人工関節手術、骨切り術を行っています。
  • 関節リウマチ
    リウマチ専門医による早期発見、積極的な寛解導入を目指しており、合併症のリスクを評価した上で、早期からの抗リウマチ薬・生物学的製剤の使用を心掛けております。リウマチ患者様に多くみられる手指・足趾の変形に対しても装具・手術(関節温存術・人工関節置換術・関節固定術)療法を行い、患者様のADLの改善・維持に勤めています。
  • 脊椎疾患
    脊椎疾患に対しては、肩こり、腰痛、神経症状を伴う頸椎、腰椎疾患を治療いたします。毎月第3木曜に脊椎専門医による脊椎診を設けており、保存的療法では改善しない症状に対して専門的な手術治療(頸椎、腰椎など)を行っています。
  • 骨軟部腫瘍
    骨軟部腫瘍診を毎週水曜日(元日本大学整形外科教授 大幸俊三 予約制)に行っています。できもの・はれものでお困りでしたらお気軽に当院まで御相談ください。

手術治療について

  • 人工膝関節置換術
    日本大学整形外科で多くの症例経験を持つ医師が術前3次元CT手術支援を行い、各々の患者様専用の人工関節術中ガイドを用いた、いわゆるオーダーメイド人工膝関節ガイドを使用した人工関節置換術も行っております。
  • 人工股関節置換術
    前方侵入法による最少侵襲手術により早期歩行、早期社会復帰を目指します。術前3次元CT手術支援のもと正確な人工関節設置を目指します。
  • 脊椎手術
    保存療法に効果のない患者さんを対象に行っています。
  • 脊椎手術
    保存療法に効果のない患者さんを対象に行っています。
  • リウマチ外科手術
    リウマチ専門医により上肢、下肢の関節再建術を行っています。
  • 外傷手術
    四肢骨折手術を中心に最新の治療法にて行っています。

医師紹介(常勤)

長尾 聡哉 整形外科部長
日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本整形外科学会認定手外科専門医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本体育協会認定スポーツドクター、臨床研修指導医

谷本 浩二 整形外科医長
このページの先頭へ