診療科のご案内

その他の項目

整形外科

診療内容

四肢,脊椎における骨・関節,脊髄・神経・筋疾患を対象とした,整形外科領域全般について診療しています。
四肢・関節の腫れや痛み、頚部痛・腰痛、肩こり、手足のしびれ、できものなどの症状を対象としております。
疾患としては、関節リウマチ、変形性関節症(膝・股・足・肘・肩・手・指・)、スポーツ疾患、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症などの脊椎疾患、五十肩、骨軟部腫瘍、骨折、脱臼、捻挫などの四肢外傷性疾患、などです。

特徴・特色

整形外科対象疾患における地域医療に貢献する最良の治療を目指しています。
総合病院としての特徴を生かした手術療法を年間200例以上行っています。外来診療では手術適応の患者さんの診察、治療はもとより、外来保存療法(投薬、リハビリ)なども積極的に行っています。また地域の高齢者の方には骨粗鬆症を伴う脊柱圧迫骨折治療、リハビリ治療を進めています。また保存的入院治療の受け入れも随時可能です。

外来治療について

すべての整形外科対象疾患に対して外来治療を行います。随時新患患者さんの受け入れ可能ですが以前に整形外科治療のある患者さんは紹介状を持参して頂くと診察がより効率よく行えます。外来診療は毎日整形外科専門医が診療いたします。

手術治療について

医師紹介(常勤)

長尾 聡哉 整形外科部長
日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本整形外科学会認定手外科専門医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本体育協会認定スポーツドクター、臨床研修指導医

谷本 浩二 整形外科医長

ページトップに戻る